どう生きる…?

昨日は、7月からお手伝いしている薬局で、5店舗目の薬局ヘルプに行きました。
1人薬剤師の店舗なので、誰か変わりの人が見つからなければ休むことができないようです…。

何店舗もある薬局でも、ヘルプを見つけるのが大変なのですから、個人で薬局を経営している人は尚更ですよね。
しかも、平日の昼間に個別指導に来いとか言ってきますからねぇ。

そんな時にフリー薬剤師が役立てると思いますよ。

そもそも、個人薬局ではパートを1人雇うほどではないのに、そんな時のために予算をオーバーして必要以上の時間で雇ったり、希望の時間が折り合わず効率が悪かったりしますよね。
薬局主導でも、薬剤師主導でも良いので…。
ちょっと時給が高めでも、必要な時間だけ働いてもらえる人材がいると重宝されると思います。

薬局はトータルで人件費が下がれば良いですし、薬剤師は時給が上がれば効率よく働けますから。

会社内であっても、そのように働ける薬剤師がいると、1人薬剤師の店舗のサポートができます。
子育て世代も多いですから、全く休みが取れないというのもつらいですよね…。
管理薬剤師は向いていないなぁ…と思う薬剤師さんはそんな薬剤師を目指しても良いかも。

いくつもの店舗で働くのに、何が必要だろう?と考えました…。

店舗やシステムが違っても、薬剤師としてやることは同じと考えられる変化を変化と思わないこととか、それでも違うこともある訳なので変化を楽しめる気持ち?
いろいろなことに気がつく敏感なところも大事かもしれないし、ちょっとしたことではへこたれない鈍感なところも必要かも(笑)

何事もバランスが大切かも知れませんね。

自分で判断して良いことと、店舗の方に確認しないといけないこととか。
スタッフの方や患者さんとの距離感とか。
変に自分の主張を出しすぎるのも良くないですけど、薬剤師としてダメなことはきちんと言わないといけないですし…。

こう見えて(笑)、いろいろ目配り、気配りしているのかも知れません。

ちぴとはワンポイントで管理薬剤師を頼まれることはあるかも知れませんが、続けてやることは今後はないと思います。
いろいろな薬局で働けるということを強みに生きていければなぁ…と。
今は、週5でがっつり薬局に入っていますが、子供達が独立したら、仕事のペースを落として…。
空いている日は個人薬局の方の急なお休みのサポートなどもできたら良いなという妄想もあります(笑)

のんびり、楽しく、多少はどなたかの役に立って…、生きていけたらいいですね♪

今日は、暑さに負けない体力をつけるため、毎日の薬局勤務を元気にできるように足腰を鍛えるために4時間ちょっとのウォーキング。
ウォーキングの後は、2階の掃除をして、シャワーを浴びて、昼ご飯を食べて(休みの日の昼は各自で作ることになっているので、パスタをゆでて、かけるだけのソースでw)、ブログを書き終わったら、のんびりします。

関連記事

  1. 動かない・・・。

  2. 時間と場所などが決まりました!

  3. まだまだ…。

  4. 平成最後の・・・。

  5. 3日…。

  6. 結局…。