まい薬局未来堂 埼玉県富士見市

フリー薬剤師.comでは、夢を追いかけている薬剤師・薬学生を応援しています。
また、夢を持つ薬剤師を応援する薬局経営者も紹介をしていきたいと考えています。
志の高い薬局を中心に、素敵な薬剤師になれる。人としての成長ができる。そんな薬局をフリー薬剤師.comでは
インタビュー形式で紹介をしていきます。
共感・共鳴できた薬局には勇気をもって一歩踏み出してみてください。小さな一歩が人生を変えるきっかけになると思います。今回、埼玉県富士見市にある”まい薬局未来堂”の”天川みなこ”さん”平野道夫”さんに取材しましたので、夢を叶えたい薬剤師さんにとって素敵な薬局と感じて頂けたら嬉しいです。


―――――まい薬局未来堂はどんな思いでつくった薬局ですか?
平野さん
「あなたの街のくすり箱」をスローガンにしています。
体調をくずされたときはもちろんですが、そうでなくても健康に関するさまざまな悩みがあったら、どんな小さなことでも、まずは薬局に気軽にいらっしゃって聞いていただきたいと思いつくりました。地域の方々のお役に立てるくすり箱でありたいんです。

天川さん
地元の方々のための薬局ですね。病院に行く前に相談に来てくださる方も多くいます。そんな方たちの話をどんなことでもきちんと聞いて相談に乗って、私たちが適切だと思うところに繋げてあげることを心がけています。そして、これこそが「地域の方々と共に歩んでいくかかりつけ薬局」だという思いで始めた薬局です。

―――――大事にしている取り組みはなんですか?
平野さん
基幹病院との連携、厚生労働省科学研究事業への協力、大学の研究室や学術サークル、包括支援センター等と協力して、「個別具体化した切れ目のない安心・安全で質の高い医療」を提供するためにさまざまな取り組みを行っています。

具体的には、「民間レベルでは国内初の院外処方時の臨床データ開示」、「長期処方のリフィル処方せんを視野に入れた分割調剤の実施」、「ポリファーマシーの解消を目指した積極的な薬剤師介入」、「厚労省や大学の研究協力」、「高齢者を対象とした講習会」、「薬学実習生だけでなく全学年の薬学部学生を対象とした勉強会」等があります。
また、日経DIオンラインの記事を担当したり、書籍の執筆協力もすることによって情報を発信しています。

天川さん
患者さんを笑顔にしてさしあげることです。
処方せんをもたずにいらっしゃる相談者も含めてみなさんを笑顔になって帰ってもらうことを目標にしています。

お薬を渡すだけじゃなくてお薬をどう使うのか、こうなった時はどうすればいいのか、このお薬がよく効くために日常生活では何に気をつけたらいいのかっていうようなことを具体的に少しでもいいから手渡ししてさしあげられたらという気持ちで患者さんに接しています。目の前の患者さんやご相談の方を「こどもの頃に可愛がってくれた、大好きなおじいちゃん・おばあちゃん」と思い、愛情いっぱいに接するようにしています。たとえ、そんな方々の機嫌が悪くても〜具合が悪いからかもしれない、病院で待たされ過ぎたからかもしれない〜大好きな人に来ていただいたと思ったら腹立ちませんよね。大変だったねって言って、そのお薬はあなたのためにお医者さんが色々選んでくれたいい薬なんで飲もうねって。飲まなきゃいけないから飲んで下さいじゃなくて、これ選んでくれてこういうふうに考えたから先生すごいねみたいな感じでいつもお渡ししています。

そして、「この薬剤師さんと話しができて良かった・得をした。ありがとうね。」とおっしゃっていただけるような圧倒的な情報量も身につけるように心がけるようにしています。ただ言葉で伝えるだけではなく、絵や図を描いたりしてお伝えもしています。お伝えした情報を納得して実践してもらって初めて「伝えたこと」になりますからね。コミュニーケーションスキルは本当に大切ですね。

―――――取り組みの成果で何か印象に残った具体的なエピソードはありますか?
平野さん
永年皮膚科にかかってた方のエピソードです。
老人性乾皮症および老人性皮膚掻痒症ということで20年以上も通院して別の薬局で薬をもらっていました。その方は、たまたま処方せんをお持ちになった奥様の付き添いでいらっしゃったのですが、奥様への服薬指導中に、ず〜っと足を掻いていらっしゃったので気になってお伺いしてみたわけです。おくすり手帳を拝見すると、皮膚科からは良く効くステロイド外用薬も出ていました。ただ、具体的な塗布方法やスキンケアのアドバイスは何もなかったようでした。そんなんでしっかり治るわけありませんよね。そこで、私は正しい塗布方法やスキンケアを絵に描いてゆっくり説明させていただきました。そして、患者さんの許可をとって患部の写真を撮らせていただき、数日後に散歩のついでに寄ってくださいねと付け加えました。

そして、4日後、その方の足を拝見させていただきました。予想はしていましたが、20年以上も苦しんでいた皮膚の症状がほぼ治っていました。痒くて痒くて仕方がなかったその症状もまったくないとのことで大喜びで、とても感謝していただきました。もちろん、4日後の患部の写真も撮らせていただきました。小さな気づきが患者さんの笑顔に繋がったわけですよね。このようなケースも頻繁にあります。処方せんは他の薬局で受け付けているわけですから、プライスレスですけどね(笑)。

天川さん
学校薬剤師ではたくさんの印象に残る成果や反応があります。学校薬剤師の任務は多岐にわたっていますが、飲料水、水泳プール、排水、給食、照明、空気、暖房、換気、騒音など学校・教室の環境衛生の検査や、薬物乱用防止対策教室をひらいたりすることのみが仕事だと勘違いしている方も多いようです。しかし、学校の環境衛生を維持・改善するための必要な指導や助言もとても大切な任務ですので力を入れてやっています。

私が学校薬剤師を担当している小学校で、「インフルエンザにかからないための大切なポイント」を、先生やPTAの方々の前で話し続けた結果、学校全体で取りくんでいただき、その結果なんと同じ市内では学級閉鎖の学校が多かった中、担当した学校だけ2年間インフルエンザの学級閉鎖がありませんでした。残念ながら今年は一回だけありましたが、よく聞いてみたら、インフルエンザの生徒は2人しかでなかったみたいで、学級閉鎖にする必要なかったですねと先生がおっしゃっていました(笑)

養護の先生も話をよく聞いて下さって、こんなふうにやったらどうかしらって一緒に考えていただき、お金のかからない方法でなおかつ子供たちが楽しめる方法というのを学校で実施した結果でしょうね。このように学校薬剤師って本気でやったら公衆衛生も良くなると思うんですよ。
―――――お二人の薬剤師としての理念とご自身の強みをお伺いできますでしょうか?
平野さん
処方せんなしのご相談の方には、まず適切な食事や運動等の生活のアドバイスを行います。そして必要ならば適切な医薬品(OTC)を選ぶ。または、症状に合った薬を作ってさしあげるわけです。この作ってさしあげる医薬品のことを薬局製剤といいますが、広範囲な対応が可能です。内用薬では、鎮静剤、催眠剤、解熱鎮痛剤、感冒剤、抗ヒスタミン剤、鎮咳去痰剤、吸入剤、胃薬、下痢止め、便秘薬の他たくさんのものが作れます。外用薬もステロイド軟膏、抗真菌剤、痛み止め、手荒れ治療薬他というように色々とつくることができます。

また、漢方薬も医療用やOTCのようなエキス製剤(インスタント製剤)ではなく本来の漢方薬(煎じ薬、丸剤、散剤)をつくることができます。もちろん、トリアージの結果、紹介状をお書きして受診勧奨に至るケースもあるわけです。
この薬剤師によるトリアージは国も推奨しています。また、病院にかかる前のいわゆる未病や軽度の疾患を治してさしあげるお手伝いができるなんて薬剤師冥利に尽きると思いませんか。

天川さん
理念ですか・・・繰り返しになりますけど、地域の方々に自分の家族や親戚だと思い寄り添うことですね。
私の今の一番の強みは声が大きいことです(笑)。ご高齢の方達はやはり話が聞こえにくい方がとても多いんですよ。例えば他の子が処方せんと保険証とおくすり手帳お願いしますって言っても声がなかなか届かない。
私が少しゆっくりと笑顔で「処方せんとおくすりの手帳を出してくださいね」って言うと出してくれる(笑)声が大きいだけじゃなくて少しトーンが高いんですよね。大声がコミニケーションの大切なツールですね。職業病かもしれないけど(笑)。

―――――薬剤師の面接でどこをみますか?
平野さん
まずは、「そこに愛はあるか?」ですね(笑)
患者さんをはじめ、地域の方々に愛情なしでは、真の仕事ができないと思うからです。
親身になって患者さんの立場になって考えることで、服薬指導の内容も変わってくるわけですものね。

次に、「あなたは何がしたい?または、何ができますか?」と聞くようにしています。
通常の会社面接ではそのような志を質問するのは当たり前のことですが、薬局の面接では、そう質問されてとまどってしまう方も少なくありません。きっと、そんな方は「薬剤師というライセンスを使って仕事(調剤・在宅業務)をするだけ」という近視眼的なビジョンしかもっていなかったのではないでしょうか。

薬局薬剤師のできることはたくさんあります。地域の方々のために「質の高い安心・安全な医療」を提供するために「なにができるか?なにをしたいか?」を明確にできる薬剤師は心強いですね。もちろん、具体的には答えが浮かばなくても、「薬学的知識を駆使して貢献したい」という気持ちの強い方は大歓迎です。志さえあれば、一緒にその答えを見つけることがきっとできるはずです。

天川さん
人と話をするのが好きな人、人の顔をきちんと見て話せる人がいいですね。おじいちゃん子だったりおばあちゃん子だったりしてお年寄りが好きという薬剤師さんも良いかも。小さなお子さんが大好きっていう薬剤師さんも良いですね。

コミュニケーションが苦手っていう人も多いですが、好きという気持ちがあれば、まい薬局で一緒に働くことでもっともっと人と話をするのが好きになれると思います。

患者さんが薬局に寄って「これから病院に行ってくるよ!」と声をかけてくれて、私たちが「は〜い、わかりました。いってらっしゃい!」とお返事して、数時間後、「ただいま〜!」とまた来局してくださり、私たちがそれを「おかえりなさい。」とお迎えする。
こんな会話が日常の薬局です。

業務終了後に、「今日も頑張ったね。楽しかったね。」と語り合える仲間を常に募集しています。

まい薬局は3店舗あるので、薬剤師さんはまだまだ募集中です。
「一緒に夢を叶えてくれる薬剤師さんを募集しています!」

まい薬局未来堂さんへのご応募や募集要項の詳細について、お気軽に下記お問い合わせフォームよりご連絡ください

お問い合わせはこちら