いろり薬局 東長崎店 東京都豊島区

フリー薬剤師.comでは、夢を追いかけている薬剤師・薬学生を応援しています。
また、夢を持つ薬剤師を応援する薬局経営者も紹介をしていきたいと考えています。
志の高い薬局を中心に、素敵な薬剤師になれる。人としての成長ができる。そんな薬局をフリー薬剤師.comでは
インタビュー形式で紹介をしていきます。
共感・共鳴できた薬局には勇気をもって一歩踏み出してみてください。小さな一歩が人生を変えるきっかけになると思います。今回、東京都豊島区にある”いろり薬局東長崎店”の経営者 小林晃洋さんに取材しましたので、夢を叶えたい薬剤師さんにとって素敵な薬局と感じて頂けたら嬉しいです。

——-はじめにいろり薬局の開局のきっかけを聞かせてください。
薬剤師になりたての頃に薬局をやりたいという想いはありました。でも、なかなかチャンスや巡り合わせがなかったんですよね。面薬局という考えはなくて、門前薬局をやりたいという想いがあったので、そういう機会がなかったので一度は諦めていたという感じでした。薬局経営とは違う形で何か貢献できないかと考えて、経営を勉強したりしてその何かを模索していましたね。その時に、一薬剤師として職人的に極めていくのも面白いんじゃないかと考えるようになり、茨城の薬局に就職しました。茨城の薬局で一から始めて役員になるまで薬剤師として勉強して技術も高めてという時期でした。役員にもなって、いろいろやれることの幅も広がってきたんですけど、最終的に違うと思うようになりました。育成がしたいという想いが沸きあがってきたんです。今までの知識や技能を育成に当てる事業をやっていこうと変わっていったという訳です。その想いをきっかけにして人材紹介派遣の会社を作りました。そして、その事業の中で人を育てて薬剤師としての考え方も伝えることができたらいいなという想いを胸に活動していました。この時にいろんな人に出会う中で、ある先生から電話がありました。「薬局やらない?」と言われ、「あ、自分なんだ」とびっくりする気持ち以上に嬉しい気持ちで一杯になりました。いろいろな先生から「誰かいない?」と言われてきたことはたくさんありましたが、その中で、久しぶりに自分への指名でしたから。薬剤師になりたての頃の気持ちに戻って「じゃあ、やってやるか」と思ったのが、いろり薬局を開局したきっかけですね。

——-その先生からの一言がターニングポイントになった訳ですね。
そうですね。薬局運営は一度諦めたものだったから、元々はやろうという考えは全くなかったですね。お金もかかるしチャンスも来なかったし、自分では無理だろうなという気持ちもありました。今思えば、薬局をやりたいという想いに蓋を閉めた状態だったんでしょうね。ある方に出会って経営を勉強していたんですが、それは人材派遣や育成のためのもので、薬局をやろうという考えはもう浮かばなくなっていました。ですので、薬局をやると言い出したのは本当に最近のことですね。その声をかけてくれたドクターとの出会いがきっかけです。

——-薬局を始める年齢としては早い方ですか?
いや、むしろ自分は中堅かやや後ろぐらいだと思います。最近は早く始める人が多いですね。若い方で大学を卒業してすぐの人もいるくらいです。でも、自分は周りからは遅めの開局といわれるかも知れませんが、自分の薬剤師としての知識や技能などの職人的な仕事に自信を持てるようになった今で良かったなと思っています。これまでの経験があるので薬局を一人で運営しても何も問題ありません。若い頃に比べると調剤が間違いなくスピーディーにできるようになったし、レセコンの入力やレセプトの請求などの事務もできるというのは経営者としての強みのひとつになっています。そういうところでは、遅くて良かったかなと今は思っていますね。

——-いろり薬局で注力している取り組みについてお聞かせいただけますか。
調剤薬局はとくに、処方箋を持っていく所というイメージがありますよね。自分は、「昔ながらの薬局」に戻りたいという考えで薬局づくりをしています。業界で話題になっている健康サポート薬局とかそういうものではなくて、昔からある気軽に立ち寄れて、健康についてだけではなくいろいろな相談が受けられる相談薬局的なものを目指しています。むしろ、「相談がなくても暑いから薬局に寄ってく?」ぐらいの親しみを持ってもらえると嬉しいです。地域と一体化して、枠組みがないような薬局を作りたいですね。ありがたいことにご近所の店ともすぐに仲良くなっていただけました。何かあったら仕事を振ってもらったりもしています。商店街の中では、自分は若い方でみんな年上の方ばかりです。商店街をエネルギッシュにするという観点で、薬局とは別の事業を提案したりもしています。私は自分だけが幸せになるとか、自分だけが儲かるとか、自分だけが良い状態って長くは続かないと思っています。そこで、いろり薬局東長崎店の近くのお店やその地域で頑張っている人を紹介するシステムを構築していこうと考えています。まだまだ構築段階ですが、地域の皆さんと一緒に上がっていけたら最高ですね。その効果もあって駅付近は、徐々に若い人が多くなってきていますよ。

——-次に、いろり薬局の由来についてお聞かせください。
小さい頃から、いろりに持っているイメージは、家族団欒やオレンジ色、温かいといったものでした。そして、高齢者から孫の世代まで揃っているというイメージを昔から変わらず持っていました。「薬局は地域を絡めてみんなで」、という想いが強かったのでその時にパッと出て来たのがいろりだったんです。いろいろな人に飲み屋みたいと言われましたが、そのような想いが詰まっている言葉だったので押し切りました。由来はそういうところから派生して、「高齢者から孫の世代まで全てうちの薬局では診ますよ」という気持ちを込めています。

——-先程は、地域の中での取り組みを伺いましたが、薬局としての取り組みはどんなことがありますか?
相談薬局ということで、相談の後のケアについては力を入れています。生活面の食事や運動だったり、ストレスならそのケアだったり、患者さん自身でできることはあるんですが、薬局がサポートすることによってさらに効果が上がると考えています。早くもっとよくなりたいという人のために、漢方のお茶と漢方相談をやっています。朝の出勤前に毎回いらして漢方茶を飲んだりする方もいらっしゃいますよ。簡単にできることなので、これからもやっていこうかな、と言ってくださっています。「がっつりやらないとやばいんじゃない?」という人には、健康サポートのプログラムを組んでいて、それをやって頂くようなサービスも始めました。一般の方は何をやっていいかわからないと思うので、それを継続して補佐できるようなものにしていきたいと思っています。健康によいものを売るとかそういうものじゃなくて、どこに行けばいいのかわからないから薬局来たよと患者さんに言っていただけるような場所になるのが一番いいなと思います。

がん予防のサポートにも力を入れています。お小水で、ガンのリスクを判定するサービスがあるので、その取り扱いをしています。ガンというのは自覚症状が出るまでに時間がかかるのが特徴で、自覚症状が出てから発見してもすでに手遅れということも多くあります。ステージ1なら95パーセントは手術で治ると言われているので、早めにわかれば良いのですが、通常の健康診断ではわかりません。何も自覚症状などがないのに精密検査はしないですからね。このサービスは自覚症状が出ないような小さなガンでも、そのリスクを判定できる最新の技術を使ったもので、まだあまり知られていないかも知れませんが、すでに多くの会社などでも取り入れられているサービスです。

——-ここで少し小林さん個人についてのお話も伺っていきたいと思います。開業したばかりでお忙しいかと思いますが、お休みはあるんですか?
はい、薬局は日曜と祝日をお休みにしています。もちろん近隣の方々のことを考えたら年中無休が良いのでしょうけど、それだと私が倒れてしまいますよね(笑)そうなると良かれと思って年中無休にしたのに、逆に迷惑をかけてしまいますから。やはりバランスがとても大切だと思います。などと言っておいてアレですけど、日曜・祝日にもお仕事(執筆作業や資料作成など)をしてしまうこともあります。私はそれらも楽しんでやるように心がけていますね。そのようにして、仕事を仕事と意識しないようにしています。自分で会社を立ち上げると仕事と遊びが一緒になるというか、混ざってくる感覚があるんです。私の知り合いの社長とかにも仕事とプライベートは完全に分けている方もいますが、私は逆にどんどん混ぜていってしまっています。あまりそれで疲れるとかもないので私は大丈夫ですね。仕事も遊びも充実していて楽しいですよ。

——-お休みの時は何をしているんですか?
お休みの時、子供たちのバスケットボールに関わっていることが多いですね。薬剤師としてのスキルアップに当てることもありますが、子供のことに時間を使っていることが多いと思います。また一人の時間が取れるときは音楽鑑賞や読書をしていることが多いですね。自分がドラムをずっとやっていたこともあり、人生において音楽は切っても切れないんです。CDを発売したこともありましたし、音楽にはとても楽しい時間を頂いていました。また機会があればバンドもしたいと思っています。誰か一緒にやりますか?(笑)

あと、私のことを知っている人はカレーのイメージを持っている方が多いかもしれないので、そちらについても触れておきます。私は数年前から、「THE・カレー部」という部活動をしています。部員になった人は、カレーを食べたり・作ったりしたらフェイスブック上にある「THE・カレー部」というグループに写真と共に記事をアップしてもらっています。それが主な活動ですね。みんなにいろいろなカレーを紹介してもらい、情報共有しています。忙しくてなかなか開催できませんが、カレー部のオフ会も開催しています。毎回満員御礼で、満足度の高い会ですよ。カレーが好きな方はぜひ参加してみて下さい。私がカレー部部長です。お待ちしています!!

facebook上の【THE・カレー部】はこちら

——-小林さんの本質的な部分についての質問もしていきます。薬剤師としての理念はありますか?
薬剤師として、ずっと変わらない「健康で幸せな人を作る」という想いがあります。「病気を治したら健康なのか?」、「病気じゃなければ幸せなのか?」と考えた時期がありました。そこで思い至った結論は、両輪なんだなあということでした。健康じゃないから幸せじゃないという訳ではないだろうし、逆もあるかもしれない。健康かつ幸せだと認識する人が増える一端を担えたらいいなという想いで日々、活動しています。

——-では、個人としての理念はありますか?
「創造と変革でワクワクと笑顔を溢れさせる」です。何もないところから何かを創り出したり、あるものを180度変えて周りの人がワクワクしたり笑顔になったりするサポートをしたいと考えています。そういう活動ができたら自分自身も幸せになれると思うんですよね。ですので、仕事を選ぶ時なども、その観点で物事をみて、やるかやらないかの判断をしていると思います。

——-経営者としての理念はどんなものですか?
まだ一人前でもなんでもないのでおこがましいのですが・・・。自分もそうだったのですが、最初の一歩を踏み出すのが怖い人たちがたくさんいると思います。いい技能やアイデアがあるのになんとなく怖いというだけで何もやらないというのもあるかもしれない。自分が今後、薬局やその他の事業を展開する中で、そのような人達に私の背中を見て、「自分にもできるんだ」と思ってもらえたら嬉しいです。「やりたいことを夢で終わせないように、行動することへの敷居を下げる」ことができたら良いなと思います!

——-若い薬剤師さんやこれから薬剤師になる薬学生に伝えたいことはありますか?
自分のやりたいことを早く見つけるために、自己分析みたいなことをきちんとやって、自分の進む道を早く見つけてほしいですね。それは外にはなくて、自分の体の中に元々あるものだということに早く気づいてほしいです。それに対して、まずはやってみる。そのやり方がわからないという人も多いかも知れません。それを教えてくれるのが経営なのだと思います。経営者だけが学ぶものじゃなくて、自分のやりたいことや夢を叶えるために使えるツールになると思います。自分でできるのなら勉強していただいて、できないということであれば私がお教えします。まだ私も夢の途中ですけど・・・、これからもずっと夢の途中かもしれないですね、やりたいことがたくさんあるので(笑)そういう風にワクワクしながら生きていっていただけたらいいと思うんです。さっきも言ったようにいつでも「教えてください」って来ていただいて全然構わないです。ずっとそういう想いでいますので、ぜひ何かあればご連絡下さいね!

facebook上の【THE・カレー部】はこちら

よろしければ、「いいね」をお願いします!!
「いいね」が増えると嬉しくて、やる気が出ます(^o^)/

最後まで読んで頂きまして、ありがとうございました!

いろり薬局東長崎店さんへのお問い合わせについて、お気軽に下記お問い合わせフォームよりご連絡ください

お問い合わせはこちら